What's New

出展をご検討中の方

出展のメリット
  • 日本初! 映像伝送に特化した専門展
  • 放送事業者、CATV事業者、通信事業者との絶好の商談の場
  • 「通信・放送ワールド 2017」内にて、第17回 光通信技術展(FOE)と同時開催!
  • 次回(2017年)会場レイアウト図を見る
出展対象製品:伝送システム・機器(IP(有線/無線)伝送、CATV伝送、地上/衛星伝送、8K/4K伝送)、伝送部品・ケーブル、計測・測定・監視機器、放送機材・関連機器など、来場対象者:放送・CATV事業者、通信事業者、放送・通信システムメーカー、SI(システムインテグレーター)、医療機器メーカー、防犯・防災機器メーカー、電設工事業者、官公庁・地方自治体など
会場での商談風景 会場での商談風景 会場での商談風景
平均受注額は約7,240万円

※前回 2016年4月 出展社アンケートより、会期後1年間の見込み額を含む。

前回(2016年4月)出展社の成果コメント(出展社アンケートより一部抜粋)

(株)OCC

ポータブルPAC(光ファイバーケーブル)を展示。通信事業者を中心に400名がブースに来場。60件の具体的な商談が進んでおり、1,200万円の受注を目指す。

(株)ピーエスアイ

スイッチ・光コンバータなどを展示。キャリア、工事事業者、SIer300名をブースに集客。工場内の無線LAN案件や鉄道会社の踏切監視などの案件を含め3,000万円の受注を目指す。

テクトロニクス

会期直前に発表した新製品のオシロスコープを中心に展示。キャリア、システムベンダーなど約300名を集客し、50件の濃い案件を獲得。数千万円の売上げを見込む。

日本テレガートナー(株)

光スイッチ、屋外用防水コネクタ、移動体向け同軸コネクタを中心に展示。SIer、工事事業者、セットメーカーを中心に約150名がブースに来場。8件の具体的な商談が進んでおり、1,000万円ほどの売上増を見込んでいる。

詳細は「出展案内」に記載しております。ご希望の方は、下記よりお申込みください。
  • まずは資料請求(無料)をお申込みください

    以下の資料を無料でお送りします。

    • ・出展案内資料
    • ・会場レイアウト図
    • ・出展費用 見積もり
    • ・ブース装飾プラン
    • …など
    資料
    出展検討のための資料請求(無料)はこちら

    お電話でのお問合せ